黒ネコ集会 Vol.8 最後の晩餐

ちょうど1週間前に行われた黒ネコ集会の「だいたいこんなことがあって楽しかったなぁ」という感想です。

なお、前々回の記事のつづきになります。

1週間経っても感想を書ききれない自分はどうかと思いますけど、でも何回も集会のことを思い出してそのときの気持ちをかみしめられてるんで、逆に自分にとってはいいなぁと思います。

では、前回までのおさらいです。

OYKTの仮面が消失!?
ユイエルが中野ブロードウェイへ捜索に!
間の持たないステージから逃走する他の黒薔薇メンバー!
ゲストにほっちゃん!
仮面をめぐる「ほっちゃんVS黒薔薇保存会」!
勝負は五分、最終決戦へ!

というわけで、MA様と名言対決最終章です。
お題は、「よそはよそ、うちはうち」。

ほっちゃん:「そよそよ、ウチワウチワ」

これもさっきの「亀は亀でかわいいぞ」と同じで景観を切り取ったもの。しかも「暑いときはウチワを使いましょう」というエコな名言だそうです。

MA様:「VIMSはVIMS、青二は青二」

構成作家の誇りにかけて負けられないMA様が熟考のすえ生み出した名言です。
曰く、ほっちゃんと浅野さんが二人でおすしを食べながら、
「VIMSはいいなぁ」
「いやぁ、青二の方がいいよ」
という会話をしているときの最後に発せられる名言だそうです。

この名言(もしくはMA様の妄想)に対してほっちゃんから反論。
その1.「浅野さんと二人でおすしを食べに行ったことないし」
その2.「それに浅野さんは青二が大好き!

ほっちゃんの必死の反論も実らず(?)、お客さんの拍手ではMA様の勝利。
この闘いは黒薔薇保存会の勝利に終わりました。

衣装がほどけないように押さえながらほっちゃんは退場。
仮面を手にした黒薔薇保存会はライブを再開します。

ボーカルはもちろん白塗りのニセユイエル。

なんとこのニセユイエル、お客さんをあおります。
「1階のみんな!」
「2階のみんな!」
「スタチャ社員のみんな!」
といった感じで、スターチャイルドには本当にすごい人がたくさんいるなぁと思いました。

そして曲(「飛べない天使」)が始まってしまいます。

「えっ、本当に歌うの?!」と困惑しながらも、音楽がかかるとノッてしまう自分の体質に複雑な気持ち(笑)。

でも歌がジャイアンなみにひどくて(注:UGAに出会う前のジャイアンです)、すぐにMA様がストップをかけて「今更気付いたけど、お前誰?」、ニセユイエル逃走、追う黒薔薇保存会。

ステージ上に誰もいなくなってしまいます。

するとスクリーンに「ただいま立て込んでいるので、こちらの映像でお楽しみください」というようなメッセージが出てきます。

そして「I my me」のPVがフルで流れました。大きな画面で見れたので大満足です。

終わると本物のユイエルが他のメンバーとともにやってきて、正真正銘のライブ再開です。
「飛べない天使」や「惑星ドライブ」、「ヒカリ type black」、「花火」などで一気に盛り上がります。

そして最後は「A Votre Sante!!」 。これでラストかと思うとちょっとだけ寂しい気持ちも混じりました。

曲が終わってみなさん退場、すぐさまアンコールがかかります。

2,3分で黒薔薇の皆さんがアンコールにこたえてくれました。
今回のイベントグッズのTシャツを着ています。

そしてMC。ほっちゃん、じゃなくてユイエルが黒薔薇を振り返ります。
ささやかな軽音部から始まって、アルバム発売。まさかのアニサマ・さいたまスーパーアリーナ。そしてまさかAice5より長くやるなんて。

思えば天たま座談会でバンド話が盛り上がったのが最初でした。それがここまで大きくなると予想できた人はいたでしょうか。Aice5のときも思いましたけど、ほっちゃんの行動力と周りの人を巻き込んでいくパワーはホントすごいと思います。

そしてユイエルから衝撃的な発言が。
「黒薔薇保存会は・・・・・解散・・・・・・・・しません!!」
「ユイエルは堀江由衣としてソロ活動します!」
エルエルとゼメエルはショックを隠しきれず、大げさな演技に見えるくらい動揺してしまいます。
「ユイエルなしに私たちはどうすればいいの?」といった感じで。

と、この寸劇(?)をMA様がストップ。
「いや、ソロ活動て、もうまえからしてるし」
「今日解散することになってるんだから、2階のスタチャの人もビックリしてるよ!」
「解散しないと女装の呪縛から逃れられない。お願いだから解散してください。」
といった感じで。

でも何を言ってもユイエルは、
「解散しません!」
「MA様も構成作家としてソロ活動したらいいよ。」(⇔MA様「むしろ収入のメインはそっちだよ。てゆうかこの活動何にももらえないんだもん」)

OYKTもユイエルの「ほっちゃんソロデビュー」に何の疑問を持たず支持してしまったので、黒薔薇で一人浮いてしまったMA様。

結局、周りの流れにMA様も渋々従って、最後にもう一度「飛べない天使」。

曲が終わり、メンバー一人ひとりが黒薔薇アイテムを置いて退場していきます。
OYKTはギターと仮面、エルエルはベース、ゼメエルはなぜかムチ、MA様はつけてたブラ(Tシャツを着たままその場でうまく脱いでました)、ユイエルはマイク。

そしてスクリーンにはメンバーごとにメッセージと今までの軌跡の写真が流れます。なんだかAice5の解散ライブの時みたいです。

ユイエルまで終わって、終了のアナウンスがかかり始めて、「集会終わっちゃったんだなぁ」と思ってました。右隣の人はもう帰ってました。

でもアナウンスに異変が!
「本日の公演はすべて終了・・・したはずでしたが、予定を変更して堀江由衣のソロライブを行います」
というふうな感じで。

そしてピンクのワンピースをきたほっちゃんがステージに登場!
僕の右隣の人もちゃんと戻ってきました。

「みんな、まだやりわすれてる曲があるよね♪」ということで、真のラストは「Happy happy * rice shower type-yui」。

僕はそんなにファン暦長いほうじゃないですけど(5年くらい)、この曲はイベントの最後にぴったりな感じがします。

曲が終わって、黒薔薇保存会のメンバー、ミニエル、それにダンサーさんがステージに登場。
今回のイベントを振り返ります。MA様の体力が「惑星ドライブ」の時にゼロになったそうで、「34歳の限界は惑星ドライブでした」っていうところが特におもしろかったです。

本業もありつつ黒薔薇保存会の活動をするのはとても大変らしくて、みんなのスケジュールが合わなくて夜の11時に集合、なんてこともあったそうです。

そんな中でみなさん疲れてしまって、完璧なものを出せないようだったらいったんお休みしようじゃないかと。でも天たまが600回を迎えるとか、夏の大きなライブに呼ばれたりしたとかしたらまたやるかも。気長に待っていてください、ということでした。

黒薔薇での経験がみなさんの本業にとってプラスになって、ますます充実すればいいなと思います。

ちなみに、エルエルは黒薔薇にかかってた時間をこれからはほっちゃんのために費やすということです。それを聞いてほっちゃん、
「アルバム出してツアーやるぜ!」 
「行くぜ!仙台!!」

エルエルは、聞いてないけどそれくらいがんばります、って感じでしたけど、こちら観客側はとっても盛り上がりました。ぜひぜひがんばってもらって、アルバム・全国ツアーお願いします。

ちなみついでにもうひとつ。MA様が最後の感想で「イベント終わりに『Happy happy * rice shower type-yui』をやれたのが本当によかったです。大切な曲ですから」というようなことを言ってました。そういうイベントの構成を気にされるところがなんとも作家さんですね。去年はtype-blackだったので、それでよかったのかなという思いがあったのかもしれません。でも一度でいいからtype-sweetも聞きたかったですw

一番最後に黒ネコ集会おなじみの締めのあいさつをして、本当にこれでイベント終了です。



終わっちゃってさみしいという気持ちはたしかにあります。特に今回で黒薔薇が事実上活動休止なので、その気持ちは去年より強いです。
でも、それ以上にうれしいです。参加できたこと。楽しい充実した時間が過ごせたこと。いろいろと出会えたこと。

黒ネコ集会は僕にとって一つの大晦日みたいなものです。除夜の鐘をききながら「1年終わったなぁ」と感じるその思いと似たようなものが、集会終わりの感慨にあります。
そして、次の集会まで一生懸命がんばろうって、素直に思えます。

本当に堀江さんに出会えてよかったなぁ。

PS.長々と書いたものを読んでくださって、ありがとうございました。
[PR]
by aoisoradeneko | 2009-02-15 20:15 | 堀江由衣さん関係


<< Aice5 in Valent... 黒ネコ集会のグッズ 後編 >>