雑感<かつて見た「サザエさん」の一場面のあいまいな記憶>

ご近所のおばあさんとマスオの会話。

おばあさんが自分の年齢を言う。
それを受けたマスオ。
普通なら「いやぁーお若いですねぇ」とか「いやいやそんなおとしには見えませんよ」
という会話の流れ。おばあさんもそういう言葉を期待しているようす。

でも、マスオは違った。
彼は、屈託なく悪気なく無邪気に、こう言った。

「今日の不快指数と同じですね」



・・・マスオは天才だとおもった。
[PR]
by aoisoradeneko | 2006-03-18 09:33


<< 雑感<近所の店、マイメロ様のD... 雑感<アポロシアター行く> >>