「黒ネコ集会Vol.5 堀江由衣をめぐる冒険~盗まれた宝石の謎~」に参加して思ったこと つづき

つづき

最初は圧倒されていたけど、だんだんとイベントの雰囲気にも慣れてきて
まわりの人にあわせてジャンプしたりできるようになってきた僕。

落ち着いてきたところで、あらためてほっちゃんをよく見てみる。

・・・・・輝いてる。光り輝いてる。
ほっちゃんは天たまでオーラを出せるようになりたいって言ってたけど、
ステージ上のほっちゃんはオーラまとってた。


それにしてもほっちゃんが肉眼で見える距離にいるなんて夢見たい。

って思ってたら、Yui4&堀畑任三郎子でドキドキです。
もしかしたらほっちゃんの近くに行けるかも、ほっちゃんが近くに来てくれるかも。

もしほっちゃんが目の前にいたら頭真っ白になって、
もしかしたらふらふらと地に倒れこむかもしれない。

ドキドキ・ドキドキ…



・・・まぁ結局Yui4あたらなかったし、堀畑探偵もあんまり近くに来なかったので、
よかったようなよくないようなやっぱりよくないざんねん。


んで、いろいろと楽しかったんです。
「Yui4」の時、ほっちゃんを飛行機にのせようって話になって、
ほっちゃんが「ファーストクラスなら乗ってもいいよ♡」ってかわいく返したのに、
五郎丸さんと森永さんが軽くスルーして「いやほんとに乗せましょう」って二人で相談してたのが
おもしろくてなぜか記憶に残ってます。

とにかく、とてもよかったファンクラブイベントでした。
来年もぜひ行きたい。なんとしても行きたい。
サイリウム4本使いたい。ほっちゃーんって思いっきり叫びたい。

そうなるようにがんばっていきます。




あと最後に自分についての反省。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ほっちゃんがすごくつかれてそうだった。
歌って踊ってお芝居して、衣装早着替えして、
堀畑では2階まで階段で上がって、休む暇もなくて・・・

だからアンコールのときは、正直迷いました。迷ってあんまり声出せなかった。
アンコールしていいのかな、ほっちゃんすごく疲れてて大変なんじゃないかなって思って。

でも今思うと、そんな僕はほっちゃんに失礼だった。
ほっちゃんが汗だくになってまで頑張っているのは
「会場に来てくれたファンのみんなに楽しんでもらいたい」という強い思いがあるから。
そんな思いを受け止めもせず変に心配してしまった僕は失礼だと思う。
ほっちゃんのプロ意識を無自覚に甘く見ていた自分に気づき、
僕はファンって名乗っていいのかなって思う。

いや、落ち込んでもしょうがない。
もっと心から応援して、素直に楽しめるように、なろう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by aoisoradeneko | 2006-04-02 15:13 | 堀江由衣さん関係


<< 3月25日放送の天たまの感想 黒ネコ同盟の会報(File.3... >>