大魔法峠 DVD1巻をみた

「びんちょうタン」参巻がないかなと思ってレンタル店にいった今朝。
予想通りびんちょうタンは弐巻までしかなかったので、店内をブラブラ。

すると目に入ってきたのが「大魔法峠」。
大魔法峠といえばマンガの第一話だけ古本屋さんで立ち読みしたくらいで、そんなに好きってわけじゃないけど、なぜか「これを見なければ」という強い使命感におそわれる。

んで、帰ってから朝ごはん食べた後さっそく見ました。

・・・

すごかったです。(以下ネタばれあります)

まず何に度肝を抜かれたかって、あれですよ、燃えてるんですよ!
金閣寺っぽいのやらヒルズっぽいのやらが燃えてて、それをバックにぷにえさんが楽しそうに踊っているんですよ!
率直な感想、「ありえない」。
こころのなかでなんどそう思ったか。なんど見ても笑えました。

あといろいろおもしろかったけど、書くときりがない(+めんどい)。
なので一番心に残ったものを書きます。

それはパヤたん。
第2話冒頭でぷにえさんと再開し抱き合う二人。ちょっと泣きの感じで「どうしてだまっていってしまったの?パヤたんのことキライになったの?」って、かわいすぎるよパヤたん!声は斎藤千和さんですよ。BLOOD+でいうならシフのルルゥさんの声ですよ。はぁ、もう、ギュってしたい。

パヤたんのかわいさに国鉄子さんもメロメロ。パヤたんみたいなマスコットがほしい、と、もっともなことを言います。なら、わくわくマスコット村へ行けばよい、とパヤたん。それを受けて「思い出すよね、パヤたんに会いにわくわくマスコット村に行ったときのこと」とぷにえさん。そして回想シーンへいくわけですが・・・

・・・ギャップがすごすぎる。この落差よ。
わくわくマスコット村がひどいありさま。ぜんぜんわくわくじゃない。
そしてパヤたんの変わりよう。キャラ違う(というかこれが本性なんだけど)。そして声が渋い。中田譲治さんですよ。BLOOD+でいうならアンシェル兄さんですよ。

この落差が最高で、何回も見て笑ってました。
[PR]
by aoisoradeneko | 2006-07-22 20:30


<< ”堀江由衣をめぐる裏冒険”とい... ぐっさんがものまねできない味と... >>