自転車こいでて思ったことをつれづれに

ムーミンママがいて、本当によかったと思う。

かくれんぼで飛行オニの帽子に隠れていたムーミンは全然違う姿になってしまう。
みんなムーミンだとわかってくれなくて、でもムーミンママだけはちゃんとわかってくれて、抱きしめてくれた。それでムーミンは元の姿に戻れた。(「楽しいムーミン一家」第1話「ムーミン谷の春」)

本当にムーミンママがいてよかった。
もし誰もわかってくれる人がいなかったらカフカの『変身』みたいなお話の方向へいってしまうかもしれなかった。いや全然違うか。

『変身』は高校のころ読書感想文のために嫌々読んで嫌々感想(あらすじが文章全体の6割を占める)を書いた覚えがある。
今また読んでみようかな。
[PR]
by aoisoradeneko | 2007-07-21 11:33


<< 掛け合い ぽてまよ見てるときは憩いの時間 >>