夢を見ました

ショップにノーメイクのMa様とゼメエル、そして天たまスタッフとおぼしき女の人がいました。

ゼメエルはしきりにクリスタルの置物を気にしていて、その様子を後ろからうかがってた僕は、すごいほんもののゼメエルだぁこういうのがすきなんだぁ、と感動しながらチラチラ見てると、天たまスタッフとおぼしき女の人も、ゼメエルさんこういうのがすきなんだぁ、といった具合でチラチラ見始めて、二人からチラチラ見られてるゼメエルは、やったほうか゛いいのかなぁ、と戸惑いと不安を隠しきれないながらも青木さやかのように、何見てんのよ!、と女の人の方に向かって言って、僕は、生言葉責めだぁ、と感激していました。
遠くのレジでほっちゃんが大特価8,800円の黒のワンピースを買っていて、とてもうれしそうでした(そのワンピースはほっちゃんによく似合いました、とナレーションが入りました)。
[PR]
by aoisoradeneko | 2007-08-14 03:24


<< 自分用旅日記その9 自分用旅日記その8 >>