2006年 02月 20日 ( 2 )

「黒ネコ集会Vol.5 堀江由衣をめぐる冒険~盗まれた宝石の謎~」に参加して思ったこと

今まで参加したイベントといえば、
抽選でなぜか当たったクラシックのコンサート、
そして、親に誘われていったジャズコンサートの2つだけ。

実質、今回の黒ネコ集会が人生初めてのイベント。
そんな僕が黒ネコ集会で思ったこと、感じたことなどを書きたいと思います。

その日僕は夜行バスで朝5時ごろ新宿に着き、いろいろ歩き回った挙句
昼の3時ごろに会場に無事到着。

そして、身なりを整えようと建物の陰に隠れて、
シルバーのネックレスをつけ
(この日のために買ったもの、オシャレといえばこのくらいしか思いつかなかった)、
整髪剤で髪を整え、持参したシェーバーでヒゲをそる
(ほんとに怪しい人だ)。

そして待つこと数十分、入場のための列ができはじめます。

あんまり早く入場するのはイベント初心者の僕にとって不安。
なので列の先頭が見えるちょっと離れたところで座ってました。
集会に参加された方の中には、列の反対側の壁にいた挙動不審で怪しいオーラを放っていた人を見たかもしれませんが、それが僕です。すごく緊張してたんです。

そして数十分後、列に並び、さらに数十分後入場できました。

薄暗いステージ上にはセットが組んであるのがわかり、青いライトの光線がきれいでした。

ああ、始まるんだなぁと感慨深げに自分の席へとたどり着きます。

あとは開演を待つばかり、と思いきや、新たに疑問が。
Yui4の紙って書いてきたけど、別に何もしなくていいのかな。
あらかじめちゃんとボールペンで書いてあるのを誰か係りの人に見せないといけない、
とかあるのかな?何にもアナウンスなかったから、そんなことないって思うけど、
でも不安。

なので思い切って隣の方にきいてみました。
その方は丁寧に教えてくれて、ほっちゃんについてのお話もしてくれました。
1階14列5番の右隣の席の方、あのときは本当にありがとうございました。

そして、とうとう開演です。

まだ暗いステージにはダンサーさんらしき人がいるのがわかります。
もしかしてその中に混じってほっちゃんがいるんじゃ、と思い、目を凝らしていたその時、
スポットライトが舞台の一番高いところに!
そしてとうとうほっちゃん降臨!!
と同時に巻き起こる、ものすごいほっちゃんコール

あまりのすごさに僕は圧倒されていました。
すごい、会場の空気が揺れてる。
すごい、ほんとに「ほ、ほーっ、ホアアーッ!! ホアーッ!!」っぽく聞こえる。
これがあの有名な「ほ、ほーっ、ホアアーッ!! ホアーッ!!」なのか。

まさに魂の叫び。
ほっちゃんへの愛情を皆が全力で叫ぶときのみ生まれる、純粋な愛のひびき
(だと僕は思います)。

このとき僕は自分のほちゃファンレベルがいかに低いか痛感しました。
圧倒されていたのと気恥ずかしさがあって、ほっちゃーんって叫べなかった僕。

僕は自分のこと、ほっちゃんファンだと思ってたけど、
まだまだそんなレベルじゃないのかもしれない。もっと修行しなければ、修行を。

で、今まさに修行中です。修行その一、とにかく「ほっちゃん」って呼べるようにする。
今までは「ほっちゃん」って呼ぶの、なんか恥ずかしくて、堀江さん(もしくは由衣様)
って呼んでたんですけど、そんなことじゃいけない。経験値獲得してレベル上げるぞ。おー。

とまあ、話が逸れたところで、To be continued.
[PR]
by aoisoradeneko | 2006-02-20 21:13 | 堀江由衣さん関係

2月18日の天たまの感想

今回はライブ・FanClubイベント無事終了を記念して
ライブ感想スペシャルでした。

東京公演での涙の理由がわかったのが一番よかったです。
ふいに訪れた、心からの涙なんですね。

あと、番組の締めの言葉(・・・な堀江由衣でした)で
黒ネコ集会行った人はみんな「うわぁーやられたー」って苦しんだんだろうなぁ。
もちろん、ぼくもやりましたよ(#^.^#)
[PR]
by aoisoradeneko | 2006-02-20 19:09 | 天たま関係