2009年 03月 02日 ( 1 )

堀江由衣の天使のたまご 第335回 の感想

最初からドキッとしました。

悲しいお知らせって、もしかして・・・

と思ってたらノベルティのお話でした。よかった。

でもほっちゃんとしては衝撃的な事件だったんですね。

「あともうすこしで今ある分がなくなるから、次の新しいノベルティ考えなきゃ♪」

といった具合で楽しみにしていたかもしれません。

そんななか急に出てきたダンボール。中身は缶バッチ+ミニ懐中電灯。量はなんと4年分!

パン食い競争で、つるしてあるパンのところまであと少しだと思ったら、急にパンが1キロ先に瞬間移動した。そんな感じの気持ちでしょうか。(ちょっと違う?)

でも前向きに考えましょう。あと4年以上は絶対大丈夫だよっていう神様からのお告げみたいなものだと思いましょう。4年たってノベルティを新しくする時の感動はすごいですよ、きっと。


あと、リンゴの話が特におもしろかったなぁ。

「みかんと違うんですよ!?リンゴは」の部分は気持ちが入ってて、説得しようと必至のほっちゃんがかわいくておもしろいです。

リンゴを大量にもらった経験が僕はないんですが、ある方はやっぱりすごく共感するんでしょうか。

PS.自分のメール読まれててうれしかったです。
[PR]
by aoisoradeneko | 2009-03-02 21:54 | 天たま関係