<   2009年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

このまえの天たまの感想

このまえの天たまは主にスタチャフェスの話でした。

特におもしろかったのが、お金と野中さんの話です。

賞金のためすごくがんばるのも、ペンライトの感動を野中さんに伝えようとするのも、どちらもほっちゃんの魅力だと思いました。

思いがストレートなんですよね。だから聴いてて楽しいしなんかおもしろい。

台本を予め手に入れてお題を知ってるのに知らないフリして腹黒いなぁって思ったけど、そういう腹黒さも純粋な気持ちの現れなんです。

「ペンライトの感動を誰かに伝えたい!」っていうまっすぐな気持ちと同じものがあの腹黒さにはあって、いわば清らかな腹黒さというか・・・

つまり僕はほっちゃんのストレートでまっすぐGO!な所が好きなんです。


と、話は変わりますけど、いきなり部屋に連れこまれた野中さんはびっくりしただろうなぁ。

部屋の電気まで消されて、ドキドキしたかも。


「えっ、もしかして堀江さん・・・そんなまさか、『今まで黙ってたけどワタシ野中さんのことが好・・・』なんてことが」


と野中さんが思ったわけないけど、でも先輩の部屋にいきなり入れられたらやっぱり少しは緊張すると思います。

その流れで「ほらペンライトきれい♪」と見せられても「はぁ・・」ってなりますよね。
[PR]
by aoisoradeneko | 2009-04-30 19:59

黒薔薇保存会の写真集の感想

ちょっとネタバレしてるんでお気を付けください。

まず全体の構成を説明すると、ユイエルの新しい写真が20ページ、黒薔薇保存会の写真(今までに撮った分)が17ページ、hm3などに載った記事が10ページ、黒薔薇の歴史を写真とコメントでふりかえる企画が10ページ、個別インタビューが13ページ、ラストライブレポが3ページ、座談会が3ページという具合です。

まず新規撮りおろしのユイエルの写真ですが、ユイエルというよりかほっちゃんです。薔薇をモチーフにしているんですが、やっぱりほっちゃんです。

でもいいんです。めちゃかわいいから。特に表紙にもなってる紅い薔薇に囲まれた写真はやばいです。周りが深紅なので服の純白さと肌の美しさが際立っててそれはもう・・・

あと個人的な印象ですけど、21ページの写真が田村ゆかりさんぽく、24ページの写真が水樹さんぽく見えました。ちょっとですけどね。


黒薔薇の歴史をふりかえる企画では、裏話的なところで結構わらえました。写真も見たことのないのが多くて(メイク中のMa様を見つめるOYKTとか)、そうそう、工場で白衣を着たのもありました。ただ黒ネコ集会でお披露目された「工場長から説明を受けるユイエル」はなくて残念です。


そして問題(?)のインタビュー。なんかもうせきららに語ってます。だってこの企画の表紙ページからしてすごいんです。
「見よ!これが黒薔薇の腹黒きメロディー(ほんね)だ。」ってwww

まぁ中身を詳しく書いちゃうとあれなんでごく一部だけご紹介すると、
ユイエル:「(黒薔薇は)Aice5と同列には並びません(笑)」

Ma様:「・・・ヤバイな。夢がない話しかしてない(笑)」

ゼメエル:「そしたらHなサイトがドカーッと出できて(笑)」

OYKT:「ユイエルに決められたもので、意見を挟むことはできなかったです。」

エルエル:「(黒薔薇が活動休止となって)解放感が強いですね。」

それぞれのインタビューから印象的な言葉を引用しましたが、これらの真意を知りたい方は読んでみてください。


再始動について座談会で触れられていたけど、近いうちにはなさそうですね。残念だけど、でもまたエンジェルダンスが見られるその日まで、ファンとして待ってます。

PS.Ma様がブラをプレゼントしてくれるそうです!何人くらい申込みがあるのかな?僕はさっきしましたけど。
[PR]
by aoisoradeneko | 2009-04-18 17:33

黒薔薇キタ!

f0013020_20475955.jpg

黒薔薇保存会の写真集が届きました!

箱が異様にカッコいいです。
[PR]
by aoisoradeneko | 2009-04-17 20:47

黒薔薇保存会の写真集

黒薔薇保存会の写真集が無事発売されたようで、めでたいです!

残念ながら予約したのが前の住所(実家)なので、今手元にありません。千葉のアニメイトに行って買おうかと何度も思ったんですけど、さすがに5冊目は財政上厳しくて、実家から送ってくれるのを待つことにしました。

写真集の感想を送れないのが残念です。お持ちの方は僕の分まで感想メールを天たまにしてください。
[PR]
by aoisoradeneko | 2009-04-12 19:44

せっかくのエプリルフールなんで

前に働いていた所では、お昼ごはんは食堂で食べてたんですよ。

そこには小柄な50代くらいの調理のおばさんがいて、つくるだけじゃなく食器に入れる係りもしていたんです。

ある日僕はいつもどおりおぼんを持って、お昼ごはんをもらいにいきました。おばさんはその日のメインディッシュの野菜炒めをついでくれます。

なにげないいつもの光景。
でも聞こえてしまったんです。

おばさんが小声で「盛るぜぇ~。超盛るぜぇ~。」と言っているのが。

なんだか、おばさんがかわいく思えましたとさ。
[PR]
by aoisoradeneko | 2009-04-01 22:33